このサイトで自動車保険のことについてちょっと詳しくなってみませんか?お得な自動車保険や、特約などの紹介もしてます。ようこそ車と自動車保険へ

自動車保険(任意保険)

自動車保険は自賠責とは違って、自動車保険に加入するかどうかは個人の自由です。
個人の自由なんですが、加入している人のほうが多いのではないかと思います。しかし、事故と言うのは予測不能でいつ起こるかわからないものです。やはり自動車に乗っている以上は、たとえ個人の自由でも、自動車保険に加入していたほうが安心だと思います。

交通事故の慰謝料は場合によって多額になる事があります。自賠責は入っているからって自動車保険に入ってなくて、交通事故を起こした場合、自賠責の保険金では賄えないと言う事があります。そんな時に多額の損失を抱えてしまうということにだってありえます。そうなってしまってから、「あの時、保険に入っておけば・・・」なんて後悔しても、もう遅すぎますよね。そうなる前に、車を購入したと同時に自動車保険に加入しておくほうが安心です。

自動車保険には、補償対象によって種類がわけられているので、ちょっと勉強してみましょう。

相手への補償(対人・対物賠償保険)

対人賠償保険は、自動車の事故によって、人を死亡させてしまったり、ケガを負わせてしまった場合に支払います。自賠責での保険金では賄えきれなかった場合に、賠償金が支払われます。この支払限度額なんですが、ほとんどの人が無制限にしています。賠償金額が何億円ということになってしまう場合もあるので、無制限にしておいたほうが良いと思います。
対物賠償保険は、自動車の事故で、木やガードレール、電柱、または相手の車両に傷をつけてしまった場合、または破壊してしまったときに支払います。木やガードレールっていくらか知ってます?百万円かで済むかと思ってたら、大間違いですよ!以外に高いんですよ!私の知人が事故をして何本か木を倒してしまって、500万円以上はかかったって話をしてました!恐ろしいですよね>。<
ほとんどの人が支払い限度額を無制限としていますよ。事故に遭った場合の車の故障も怖いですよね。相手の車が廃車になってしまいかなりの損害があった場合も、保険に入っておけば安心です。廃車処理の手続きも忘れずに行ってください。廃車の不法投棄はダメですよ。

自分の補償(人身傷害保険・搭乗者傷害保険・自損事故保険)

人身傷害保険は、自動車に乗車中、または歩行中に、自動車事故に遭ってしまい、死亡または傷害を負ったときに、保険金が支払われます。そして、搭乗者傷害補償保険では、乗車中の運転手や同乗者が自動車事故によって、志望または傷害をを負ったときに、定額の保険料が支払われます。この保険は、人身損害補償保険とは別に支払われます。
自損事故保険では、運転していて、誤って単独事故を起こしてしまい、死亡、または傷害を負った場合、または自動車同士の事故を起こして、相手は過失がなくて自分が死亡または傷害した場合で、相手の自賠責では保険が支払われない場合などに支払われます。

copyright c 2009 車と自動車保険 AllrightRserved.